ブログ

【北巽店】自転車屋で独立開業した先輩たち

まちの自転車店[リコ]北巽店

リコジャパンのフランチャイズ加盟店として、独立開業した先輩オーナー達の生の声をお届けする
「独立開業した先輩たち」シリーズです。
独立開業を考えている方へ少しでも参考になればと思います。

今回は、北巽店の奥中オーナー(45)です。
北巽店はリコのフランチャイズ店舗の中でも珍しい大型のお店。
オーナーと従業員の二人体制で運営されています。

奥中オーナー自身は、一時期は自転車のレースなどのご経験もあり、
現在はお休みの日に自転車で奈良や京都に旅行に行くのが趣味という
自転車好きのオーナーです。

独立開業は昔からの憧れ。リコで憧れが現実に!

リコで自転車屋さんをやろうと思ったきっかけは?

前職は商社に勤めていましたが、
商社に勤める前から漠然と「いつかは独立したい」と思っていました。
商社時代は給料もよく、仕事もそれなりに楽しかったのですが、
近所で「まちの自転車店[リコ]」の店や看板をよく見かけるようになって、
漠然としていた「独立開業」という夢が、「リコで自転車屋をやる」という具体的な夢に変わってきました。

他にも様々なフランチャイズ店がありますが?

そうですね。他にも飲食店など様々なフランチャイズ店がありましたが、
20代から自転車に乗っているということもあり、
地域に根ざした「自転車屋」という仕事に惹かれたのだと思います。

リコに加盟する際に不安はありませんでしたか?

どの仕事でも結局やってみないとわからないと思うんです。
考えたり、悩んでいる暇があったらやってみようと思いました。
まちの自転車店[リコ]北巽店

経営者としての悩みを共有できることが最大のメリット

リコでの研修はどうでしたか?

私の場合は特殊なのですが、研修が始まってすぐに店が決まりました。
自分の店を持つなら人通りの多い賑やかな土地を!と思っていましたので、
もともと直営店だったこの北巽店を譲ってもらうことに決めて、
研修も途中でこの北巽店でやってもらいながらのスタートでした。
学生時代から自転車を触っていたので技術的な不安はあまりなかったし、
研修が足りなかったわけではないのですが、独り立ちした時に一人で店を回せるか?という不安がありましたね。
今は二人体制ですが、たまに一人でお店を開けるときは今でも不安です。(笑

リコに加盟しての、不満やデメリットがあれば教えて下さい。

本社にはもっと社会貢献活動に力を入れて欲しいと思っています。
東日本大震災の時にはリコジャパンから自転車を届けたりする活動を
行っていたと思いますが、大きな震災時だけではなくて
小さな活動でもいいので長く続けるような活動をやってほしいです。
(さすが、青年海外協力隊のご経験もある奥中オーナ。
見渡すと店内には社会貢献に関するポスターも多く貼られています。)

では、リコでフランチャイズ加盟したメリットを教えて下さい。

うちは二人体制なので仕事の話もできる相手がいる分まだましだとおもいますが、
いろいろな情報や悩みをフランチャイズ店同士で共有できることですね。
特に他のフランチャイズ店のように一人体制のお店なら悩みや愚痴を吐き出すところがないですから。
フランチャイズ店同士なら悩みや愚痴などは特にお互い共通することが多いので、
聞いてもらえるだけでも安心します。

特にこの辺りは値段にシビアなお客様が多いので、
ほとんど儲けのない少額工賃を値切られることもあって・・・(苦笑
そんなお客様にどういう対応したらいいのか、色々相談したりしてます。

まちの自転車店[リコ]北巽店

ご近所の自転車仲間の中学生くんと一緒に。年代を問わないお付き合いがまさに「まちの自転車店」ですね!

自転車で繋がる地元の人達との人間関係

独立開業後の変化はありましたか?

付き合う人が変わりましたねー。
疎遠になっていた人と密になったり、人間関係の輪が広がりました。
例えば、「自転車屋をやっている」と知った昔の同級生や
自分の兄弟のよく行く飲み屋の主人(ほぼ他人)が
わざわざ遠いところから自転車を買いに来てくれたりして。(笑
本当にありがたいことです。

あとは、地元の人とのお付き合いが広がりました。
(この日も店の近所に住んでいる中学生男子君が自分の店のように登場。(笑
年代を問わず、スポーツバイク愛の輪でつながっているようで
まさに地元に根ざす「まちの自転車店」ですね。)

サラリーマン時代との違いは?

やっぱり経営は色々大変です。
うちは大型店なので売上も多いけど、出て行くお金も多い。
コスト面はちょっと目が厳しくなったかもしれませんね。

サラリーマンは忙しくても給料は一緒ですけど、
独立開業後は忙しいということは、そのまま収入増につながります。
大変だけど、その辺は明瞭で分かりやすくていいですよ。

あとは、精神的な自由を得ることが出来ました。
時間のコントロールが自分でできることが大きいですね。

まちの自転車店[リコ]北巽店

非売品のスポーツバイク展示でお客様へアピール

自転車で繋がる地元の人達との人間関係

まちの自転車屋としての喜びを教えて下さい。

月並みになりますが、お客さんがお客さんを紹介してくれることですね。
空気入れをしただけなのに、それが次のお客様につながっていった時
単純に嬉しいです。

しかも意外に印象が良くなかったお客さんが人を紹介してくれることが多くて。(笑
人間分からないものですね。

店独自で工夫されていることはありますか?

北巽店はたぶんどのリコのフランチャイズ店よりも代車の種類を揃えています。
普通のママチャリから、電動自転車、そしてスポーツ自転車まで
全部で6台の代車を用意しています。

やはり普段電動自転車に乗っておられるお客様は、代車も電動自転車ほうがいいですよね。
スポーツバイクの修理で預けるなら、スポーツバイクの代車のほうが喜んでもらえます。

そして、普段はママチャリだけど、代車で電動自転車に乗ってみたら
すごくよかったので欲しい!となることもあって、お客様の乗り換えのきっかけになることもあります。
個人的にはもっとスポーツバイクの魅力を知ってほしいので、
代車でスポーツバイクを始めるきっかけになればいいなと思っています。

他にも店にサイクリングコースのパンフレットや、住んでいる地元「堺」のパンフレットなど
お客様と話すきっかけになるように、レジ周りに小ネタを仕込んでいます。
何かピンとくるものがあれば、ぜひ話しかけて下さい!(笑
まちの自転車店[リコ]北巽店

これから独立開業する人へのメッセージ

これからリコでお店を出そうと思っている人へのアドバイスやメッセージをお願いします

とにかくやってみればいい!
やってみてから悩んで下さいということでしょうか。

会社でサラリーマンなら「こうやったほうがいい」と思っても
なかなか実現できない難しさがありますが、
リコで自分の店を出せば、自分で思った「こうやりたい!」は直ぐに実行にうつせます。

そして、やってみて失敗したら改善すればいいだけです。
失敗を怖がっていたら前に進めません。
自転車屋をやりたいと思っているなら、やりたい気持ちに従うべきだと思いますよ!

北巽店データ
住所 〒544-0013 大阪市生野区巽中1-25-12ナティーノース104号
TEL 06-6756-7667

    関連記事

    今月のイベント

    フランチャイズ見学会

    リコジャパンFacebook

    ページ上部へ戻る