ブログ

【三国店】自転車屋で独立開業した先輩たち

まちの自転車店[リコ]三国店

リコジャパンのフランチャイズ加盟店として、独立開業した先輩オーナー達の生の声をお届けする
「独立開業した先輩たち」シリーズ。

今回は素敵な奥様とかわいいチビお嬢様が看板娘となって、ご家族でアットホームな自転車店を経営しておられる
三国店の西田オーナーをご紹介致します。

西田オーナーのご実家はもともと板金屋ということもあり、
手に入らないパーツまで手作りしてしまうという何よりも技術を大切にする職人的オーナー。
そして、奥様はフィールドホッケーで国体出場経験もあるという体育会系の快活で朗らかな人柄が魅力的な女性。
オーナーにない部分を上手く奥様がサポートするという理想的な家族経営のお店です。
かわいいチビお嬢様も出迎えてくれる三国店に是非ご来店くださいね!

レトロ自転車も乗れるように修理してしまう技術力。必要なら金属加工までやる!

前職はどのようなお仕事を?

3~4月の新学期には800台以上売れるような自転車屋で働いていました。
1~2月の暇な時期にその自転車を全て組み立てますし、そのぐらい売れる店ですから修理もすごい数になります。
そんな店でスタッフとして働いた経験があるので、修理は早いですよ!(笑
それに、もともと古い車やバイクをレストア(老朽化などの理由により劣化した、もしくは故障した自動車、オートバイ等を修復し、復活させること。)して
乗ることが趣味だったこともあって、自転車のレストアやカスタマイズも受けています。

昔の自転車(自転車に限らずですが)は、すべてに日本人の心意気というか魂が入っています。
例えば、この自転車なんて見えない部分にもツバメのシンボルを入れているんです。
こういう自転車をダメにしてしまうのは勿体無いし、今の自転車と比べても全然負けてませんから
是非乗ってみて欲しいですね。

まちの自転車店[リコ]三国店レストア自転車

三国店ではレストア自転車も扱っている。レトロなところがお洒落なんです!そして、意外にも乗りやすい!!

(私が実際に乗らせていただきましたが、「え?」と思うほど乗りやすいんです。イメージと全然違って全然こぎやすいので驚きました。
次に自転車を買い換える機会があったら、「このレストア自転車が欲しい」と思ってしまったぐらいの魅力があります。
興味のある方は、試乗してみてください!一度乗れば良さが分かりますから。)

レストア自転車というと、足りない部品もあるのでは?

レストア品に限らず、スポーツ自転車でも足りない部品は加工して作っています。
もともと実家が板金加工をやっていたこともあって、金属加工も得意です。
今は、素人に組立をやってもらったばっかりに足りない部品が出て乗れなくなったスポーツ自転車の
パーツを製作して完成品にするということをお客さんから頼まれてやっています。

まちの自転車店[リコ]三国店 金属加工

自転車の足りない部品は金属加工してしまう徹底ぶり。(右上の写真:オーナーが製作した部品(銀色)と製品(黒))

3~4店舗と他の店で「部品がないから無理」だと断られて、どうしようもなくなった自転車が持ち込まれることが
うちは多いですね。そういう自転車の修理にとことん付き合って乗れるようにしてあげると
本当に涙を流すぐらい喜んでもらえます。それが嬉しいですね。

三国店に持ち込めば何とかしてくれる!そんな自転車の町医者的存在になりたい。

金属加工は、三国店独自のセールスポイントですね。

そうですね。どんな自転車でも、部品が足らなくても
「この三国店に持ち込めば何とかしてくれる」と思ってもらえる店でありたいと思っています。
ハードな修理は探究心をくすぐられるというか、職人魂に火をつけてくれますし、
何より喜んでくれるお客さんがいるということは、自転車屋の喜びでもありますから。

レンタル店購入制度を利用して、資金0円から独立開業を実現!

リコで自転車屋をやろうと思ったきっかけを教えて下さい。

前に努めていた自転車屋もそうでしたが、殆どの自転車屋が「自分のところで買った自転車しか面倒見ない」というスタンスです。
私は他店で買ったかどうかなんて関係なく修理してあげられるべきだと考えていましたので、
自分でそういう店を開業しようと思った時に、リコを知りました。
リコの経営方針も「他店購入車の修理大歓迎」で考え方が一致していたので、
それならリコに加盟して独立開業しようと思いました。

リコで開業する際の不安はありましたか?

自転車屋の経験もありましたから、単純に不安は「お金のこと」でした。
資金は全くありませんでしたし、若い時にクレジットカードの返済をし忘れたことがあって
借入もできなかったんです。お恥ずかしい話ですが。。。

リコではフランチャイズ担当の岩崎さんに親身になっていただき、
私が開業できるように色々と手を尽くしてもらいました。
結局、借入ができないこともあって、最終的にはリコの「レンタル店購入制度(※)」を利用させてもらって
開業することが出来ました。
岩崎さんがいなかったら、自分の自転車屋を持つという夢は現実になってなかったかもしれません。
本当に感謝しています。

(※「レンタル店購入制度」とは、資金がない方にリコジャパンが持っているお店を半年から1年間貸し出して、
最終的に買い取っていただく制度。詳しくは、「本当に資金0円で自転車屋ができるのですか?」参照)

まちの自転車店[リコ]三国店

自分の理想の自転車屋を追い求めることができる

リコに加盟してのデメリットとメリットを教えて下さい。

デメリットは今のところありませんよ!
メリットは、お金のない私でも店を持てるようにしてくれたこと。
それに、フランチャイズ店だけど、リコでは自分のやりたい店作りができるということですね。
レストア自転車や中古自転車の割合をどれぐらいにするかなども自分で決められますし、
ポップなども自由に決められます。
うちのポップは、奥さんが書いてくれてるんですよ。

あとは、店の立地が絶妙でした。
この三国店は駅からはちょっと離れていますが、
ライバル店とライバル店のちょうど中間点なので、この辺の自転車はうちにきてもらえますし、
さらにライバル店で断られた自転車を持ち込んでもらえるので、本当によかったです。

家族経営の良い所は?

やっぱり、同じ環境にいる人に相談できるということは、精神的に大きいです。
お客さんが言ってることを私が理解できなくても、
奥さんのほうが分かってくれたりするので助かります。
それが一人だったら、ちゃんとコミュニケーションを取れないことで、
そのお客さんはもう二度と来てくれないこともありますから。

それに、一人だったら考えが凝り固まってしまうことがあると思うのですが、
二人で相談できると気が楽です。
中古車のグレードアップも、ついつい良い物を追求してしまう私より
買う人の立場になって考えてくれる奥さんの意見があることで、
的確な判断ができてると思います。
(職人気質なオーナーにない部分を補っている奥様・・・いいコンビです。)

まちの自転車店[リコ]三国店

これから独立開業する人へのメッセージ

これからリコでお店を出そうと思っている人へのアドバイスやメッセージをお願いします

「儲けようと思うな!人のために何ができるかを考えろ!」かな。
ちょっとかっこ良すぎるかもしれませんが。(笑
でも、人のために何ができるかを追求していけば、お客さんが人を呼んでくれる。
人が来てくれれば、後から儲けはついて来ると思います。

そして何よりも「自転車を好きであって欲しい」。
好きな仕事なら、苦しい時も大変なときも乗りきれると思います。
実際、私がそうですからね。
まちの自転車店[リコ]三国店

 

三国店インタビュー記事(家族編)も是非見て下さい!。

三国店データ
住所 〒532-0034 大阪市淀川区野中北1-4-17 1階店舗
TEL 06-6399-2221

    関連記事

    今月のイベント

    フランチャイズ見学会

    リコジャパンFacebook

    ページ上部へ戻る