ブログ

【鳳店】自転車屋で独立開業した先輩たち

まちの自転車店[リコ]鳳店

リコジャパンのフランチャイズ加盟店として、独立開業した先輩オーナー達の生の声をお届けする
「独立開業した先輩たち」シリーズです。

今回は、根っからの自転車好き!鳳店の川野オーナー(48)をご紹介します。
なんと川野オーナーはヒルクライムからレースまで幅広い自転車経験があり
現在も趣味でレースに頻繁に出ているという仕事も趣味も全て自転車に捧げている
自転車愛にあふれたオーナーです。

また、川野オーナーは大手自転車屋のサラリーマンスタッフから
開業資金0円で念願の自分の自転車屋をリコで開業されました。
自転車屋スタッフ時代と、リコでフランチャイズの自転車屋を独立開業した現在との
違いについても貴重なお話をお伺いしましたので、
是非参考にしてくださいね!

開業資金0円で、自転車屋という「城」を手にした!

リコで自転車屋さんをやろうと思ったきっかけは?

連れて行かれたサイクリングで死にそうになったものの
爽やかに峠を越えていく自転車乗りに憧れて、
そこから自転車人生がはじまりました。
初めは自転車メッセンジャーをやっていましたが先が見えないこともあって、
大手自転車屋に転職したんです。

サラリーマンとして大手自転車屋に勤めている時代も楽しかったのですが、
マニュアルどうりに動かなければならない、
他にオススメがあっても会社が押している自転車を売らなくてはならない、
ノルマを達成しなければならない等の
大きな会社のサラリーマンであるという足かせが常に不満でした。

リコに加盟して自転車屋を独立開業すれば、
リコというある程度の知名度を利用しながらも、
全てを自分の裁量で決めることができるので、
自分のやりたい自転車屋ができると考えたんです。

まちの自転車店[リコ]鳳店

レースに出ている時の川野オーナー

リコに加盟する際に不安はありませんでしたか?

やはり開業資金が0円だったことでしょうか。
本当に資金がなくても自転車屋を開業できるのかと不安でした。
大阪市内なら無理だったと思いますが、
立地はいいのに賃料は高くない鳳という土地で開業できて
本当に資金0円から自分の「城」を持つことができました。

マニュアル化されてない「まちの自転車屋」ならではの良さがある

自転車屋スタッフから、リコで独立開業しての変化は?

大手自転車屋でサラリーマンとして感じていた不満が解消されたことですね。
自転車屋スタッフの時は、会社が決めた「今月はこの商品を売れ!」という足かせに縛られて、
お客さんの要望に合わせた商品を売りたいのに、
泣く泣く本当は勧めたくもない商品を売る必要もなくなりました。
もう、自分が本当に自信を持って勧められる「これ!」という1台をオススメすることができるのは
大きな喜びです。

またスタッフ時代は作業も完全にマニュアル化されていました。
例えば、チューブ交換の際にチェーンの不具合があっても、「ついでに」修理することはできない。
「チューブ交換」とは別で、「チェーン調整」を
再度お客さんに申し出てお金も貰わなければならないんです。
でも、リコでなら「チェーンがおかしかったので、ついでに調整しときましたよ。」ってことが、
自分の裁量でやってあげられる。
そういう違いは、大切に自転車を乗って欲しい私としては大きなものでした。

あとは・・・、やっぱり会社に決められた売り上げノルマ等の目標は反発を覚えるけど、
自分で決めた目標なら頑張れます。(笑
まちの自転車店[リコ]鳳店

では、独立開業して経営者になったことでの変化は?

精神的に楽しく仕事ができるようになりました。
リコのフランチャイズ加盟といえども、ここは「自分の城」ですから
自分で決められる自由があります。
レイアウトや、店内に流す音楽の選曲も自分で決められます。
(本日は80年ロックが流れていました)

その分、自分の責任も出てくるので悩むこともあります。
例えば資金繰りですね。
でもこれは、どの経営者も抱えている悩みでしょうから、
仕方ない部分かもしれません。

自転車屋としての仕事に集中できるのは、最大のメリット

リコの研修はどうでしたか?

リコの研修は私の場合、自転車屋経験者なので2週間ほどでした。
技術的なことも接客の事もほとんど分かっていたので、
あとはリコ独自のやり方を教えてもらった程度の研修でした。
そこは未経験者と違うのでなんとも言えませんね。

リコに加盟しての不満やデメリットありますか?

フランチャイズ加盟当初は、取り扱えるスポーツバイクが少し弱かったです。
でも、店舗数が増えてきたことで、解消されつつありますね。
スポーツバイクに力を入れてる鳳店としては嬉しいことです。
今後更に期待しています!

逆にリコに加盟してのメリットは何ですか?

問屋やメーカーとの取引や、商談を自分でしなくていいことですね。
大手自転車屋に努めていたので、商談にいかに時間をとられるか知っています。
全て本部が一括して行ってくれるので、個人店のように商談等に無駄な時間を割かなくてもいいのが
大きなメリットだと思いますよ。
現場の仕事に集中できるのは、リコ加盟の最大の魅力です。

まちの自転車店[リコ]鳳店

空気入れの日が分かる日付シール

それから、FC店同士の横のつながりも経営者として勉強になります。
これは、松原店の福井オーナーのアイデアなのですが、
修理や空気入れに来てくれたお客さんに「日付シール」を貼っています。
月に一度は空気を入れることで無駄なパンクがなくなりタイヤの寿命も伸びますので、
お客さんが忘れないようにシールを貼っておくのです。
今ではシールを張っているお客さんが1日に10人以上は来てくれるまでになりました。
もちろん、空気入れは無料なので直接の利益になることはありませんが、
ついでに軽い点検もしてあげられるし、何より店の信頼に繋がっているので
本当にいいアイデアを分けてもらえました。

マニュアル化されてない「まちの自転車屋」ならではの良さがある

店独自で工夫されていることは?

まちの自転車店[リコ]鳳店

オーナーカスタマイズ非売品。修理品もスポーツバイクがたくさん!

見ていただければ分かると思いますが、スポーツバイクの変わったやつを
展示しています。全部私個人のもので非売品です。(笑
見てくれた人の中には「ロードバイクもやってるのか」と興味を持ってくれるので、
徐々に客層が広がってきています。
もちろん、まちの自転車屋としてママチャリがメインなのですが、
レースやってる人も、これからサイクリングやろうとしてる人も
自転車に乗っている全てを受け入れられる店にしたいと思っているので。

これからどういうお店にしていきたいですか?

ママチャリだけではなく、すべての自転車乗りが安心して任せてもらえる店に
したいと思っています。
僕自身、サイクリングもレースもヒルクライムもすべての自転車に関することは
ほぼオタクの粋に達しています。(笑
「自転車をこれから始めたい!」という人には是非ウチを最初の踏み台にしてほしいですね!
ハード・ソフト両方の面から、色々アドバイスできると思います。
まちの自転車店[リコ]鳳店

これから独立開業する人へのメッセージ

これからリコでお店を出そうと思っている人へのアドバイスやメッセージをお願いします

とにかく自転車を好きになってほしい!ということですね。
変わったお客さんの対応も自転車が好きだから乗り越えられるし、
難しい修理だって苦痛ではなくて楽しみに変わります。

商売度外視で自転車に愛情があって言っている人の話は、
説得力に繋がると思うし、お客さんも耳を傾けてくれますから。

難しい修理の相談なら、私に聞いてくれてもいいですよ。
私で分からないぐらいマニアックものは、鶴橋店の岡田オーナーなら答えてくれるはず。(笑
一緒にまちの自転車屋を盛り上げていきましょう!

鳳店データ
住所 〒593-8325 大阪府堺市西区鳳南町4丁384
TEL 072-260-1885

    関連記事

    今月のイベント

    フランチャイズ見学会

    リコジャパンFacebook

    ページ上部へ戻る