ブログ

研修担当「テクニカルマネージャー」とは?

テクニカルマネージャー

リコではフランチャイズ加盟したオーナーがお店を開業するまでの3ヶ月間で
未経験者でも自転車屋を経営出来るだけの修理技術や接客技術を
身につけられるように研修を行っています。

その研修での先生役が「テクニカルマネージャー」という職種です。
いわば、研修教官みたいなものでしょうか。

今回はこの研修を担当する「テクニカルマネージャー」の中井をご紹介したいと思います。

独立後にも応用が効くように教えることを心がけています

テクニカルマネージャー(研修担当)になって何年ですか?

約2年ぐらいです。
だいたいですが20人ぐらいのオーナーさんを担当しました。
多い時では3人ぐらい同時に教えることもあります。

テクニカルマネージャーとは具体的にどのような仕事ですか?

自転車屋の開業を目指しているオーナーさんに
主に接客を含んだ修理技術を教えることが仕事になります。
リコのオーナーさんのほとんどが未経験者です。
そして、3ヶ月で店を持てるぐらいの技術を身につけてもらわなくては行けないので、
お店を持ってからも応用が効くように「物事の本質」を理解して、
興味が持ってもらえるように心がけています。

基本的な修理のやり方は教えれば誰でもできるようになりますが、
30年前以上の自転車等の現行品と構造が違うものなどがあって
研修だけで現存する自転車の100%が修理できるようになるわけではありません。
10年の経験者でも完璧にはならないと言われています。

独立開業後に、複雑な修理や見たこともない壊れ方に当たった時に
素材の性質や構造などの「物事の本質」をわかっていれば、
自分で応用させる事が出来ると経験上分かっています。

だから、出来るだけ独立後にオーナーさんが困った事にならないような
教え方をするようにしています。
テクニカルマネージャー

器用さは関係なし。研修後には同じぐらいのレベルに

自転車屋開業に、年齢的なことや不器用さを気にする方もいますが?

年齢についてはやはり体力面には差がでると思います。
これは仕方がないことだと思うので、コツや楽になる道具などを活用したりして
補えばいいと思います。

器用さは・・・あんまり自転車屋には関係がないのではと思います。
僕自身もそんなに器用ではありませんから。(笑
もちろん、研修の初めの頃は差がつくかもしれませんが、
研修を受けて3ヶ月すれば器用な人と不器用な人では
差はあまりなくなっていると思います。
テクニカルマネージャー

サラリーマン気質を抜け出せるかが鍵

テクニカルマネージャーから見て、独立後に成功する人は?

「サラリーマン気質を抜けられるか」だと思います。
研修中は周りの目があるので出来るようになるのは当然なんです。
でも、いざ独立して一人になって、監視の目がない環境でも
研修中と同じようにできるかが、成功を左右すると思います。

サラリーマン気質が抜け出して、経営者として全て自己責任という感覚を身に付ければ
必ず成功できると思います。

人見知り等の性格は関係ないですか?

接客技術は必ず身につきますし、人あたりは変えられます。
実際に研修3ヶ月で人前に立つ経験をつんで、
驚くほど性格が明るくなった人もいます。(笑

自転車屋として成功することに関して言えば、
性格や接客経験、修理技術の有無は全く関係ありません。
自転車屋に必要な技術は研修で僕が教えますので心配せず、
リコに来てもらえればと思います。

    関連記事

    今月のイベント

    フランチャイズ見学会

    リコジャパンFacebook

    ページ上部へ戻る