ブログ

女だけど自転車屋をやってます!No.1

自転車屋の女性店員

自転車屋はたくさんあるけれど、女性がやっているお店は少ないのが現状です。
リコでも女性オーナーのお店は大阪DC店 池田オーナーのお店のみです。(2016年9月現在)

そんな男性ばかりの自転車屋に、リコで二人目となる女性店員が誕生しました。
現在はあびこ店にて研修中の彼女ですが、立派に(?)独り立ちするまでを紹介したいと思います。

「女でも自転車屋できるのかな・・・」と悩んでいる方に、
彼女を通して女性が自転車屋をやる難しさや、楽しさを紹介していけたらと思います。

工具の名前も分からない!使い方もわからない!

リコに入ったきっかけは?

前職は百貨店で婦人靴を販売していました。
趣味でスポーツバイクに乗るようになったのがきっかけで
自転車に興味をもつようになって、リコの求人に目が止まりました。

まだ入って2ヶ月ほどですが、実際に研修を受けてみてどうですか?

修理はもちろん、工具を持ったこともなかったので
すべてが初めての経験です。
工具の名前やどういう時に使うか・・・そんなことも分からない状態からのスタートで
覚えがとても遅いとは思いますが、根気よく教えてもらっています。

本当言うと、自分の覚えの悪さに嫌になることもあります。(笑
でも、研修担当(テクニカルマネージャー)の中井さんは嫌な顔せず根気よく教えてくれますし、
他のスタッフも親切な人ばかりなので楽しく働けています。
自転車屋の女性店員

接客は女性が有利?実際のところはまだ分かりません。

自転車屋という職業で、男女で優位なところは?

やっぱり力では男性には勝てません。
自転車を持ち上げたりするには、女は不利だと感じています。
それに、構造的なものの理解力が男性より劣っているような気が・・・。
女とか男とか関係なくて、私だけかもしれませんが・・・・。(苦笑

女性で有利なところはない?

「有利だなー」と感じることはないのですが、
皆には接客がうまいと言ってもらえます。

女性のお客さんからは「店に入りやすい」と言っていただけることもありますけど、
今は技術を習得するのに自分がいっぱいいっぱいなので
正直なところ男女差を意識するぐらいの余裕がありません。(笑

ポップで店舗に変化も。自分の得意分野で勝負!

自転車屋に入って後悔してませんか?

ははっ。
お客さんからも言われたことあります。
「アンタ、もっと違う仕事あったやろうに」って。(笑

今のところ楽しくやっていますが、自転車屋で嫌なことは手が荒れることでしょうか。
いつでも手が真っ黒ですし。
冬がちょっと怖いです。

ところで、ポップも見やすくなって店の雰囲気も良くなりましたね。

ありがとうございます。
中井店長からも褒めてもらったんです。
ポップは商品の売れ具合も店の雰囲気も変化させることができて
今のところ唯一店に貢献できている私の得意分野かも。(笑

技術的なことでは男性と同じ土俵で競っても仕方がないので、
ポップなど店の男性が不得意な分野をもっと伸ばしていこうと思っています。

とにかく今は技術研修でいっぱいいっぱいです。
一通り出来るようになって独り立ちしたら、周りも見えてくると思うので
その時に話をまた聞きに来て下さい。
自転車屋の女性店員

話を聞いて・・・
やはり工具を持ったことのない女性が、研修をスタートするときのハードルの高さは男性の比ではない・・・というのが、
正直な感想でした。
でも、ポップづくりや接客など、得意な分野ですでに才覚を表している彼女が
技術も持てば、男性よりすごいかも??と
とても今後が楽しみになりました。
彼女の研修が終わったら、またどのように成長したのかをレポートしたいと思います。

    関連記事

    今月のイベント

    フランチャイズ見学会

    リコジャパンFacebook

    ページ上部へ戻る