ブログ

フランチャイズ加盟のメリット・デメリット

フランチャイズ

フランチャイズ加盟は「独立開業マル秘セット」を購入することと同じであると 前回の記事「フランチャイズとは」で解説しました。 今回はフランチャイズ加盟のメリットとデメリットを紹介します。

フランチャイズ加盟のメリット

ブランドロゴや知名度を活用できる

フランチャイズ加盟の最大のメリットであるブランドロゴや商品、企業の知名度を活用できるため 個人店よりも有利である。

未経験でも、短期間に開業が可能

開業前に本部から店舗運営に関するすべてのことを教えてもらえるので、 未経験者でも短期間に開業することが可能になります。

少ない資金で開業可能

店舗の開業準備(工事等)は経験豊富な本部でやってもらえるため、 また什器や商品などもパッケージ化されていることが多いため、 素人が行うよりも、少資金で開業が可能になります。

ノウハウを教えてもらえるため、成功確率が高い

長年の経験から成功してきた企業のノウハウをそのまま教えてもらえるため、 一個人が開業するよりも、成功確率が高いといえます。

開業後のサポートが受けられるため、孤独感がない

開業後も店舗運営や経営など本部から適切なアドバイスや相談が受けられるため 個人経営のように一人で悩む必要はなく、孤独感がない

商品を本部を通して一括でできるため、仕入れの手間が少ない

個人店の場合は、商品数が多くなると仕入れの手間も多くなり 煩わしい作業も多くなるが、フランチャイズの場合は本部が一括仕入れするために 仕入先が本部に逸品家でき、仕入れの手間が少ない

価格競争力のある商品が仕入れ可能

本部が一括で大量仕入れしている商品は、個人が仕入れを行うよりも 価格競争力のある商品を仕入れることが可能になる。

フランチャイズ加盟のデリット

経営がマニュアル化されているので、独自工夫できる範囲が狭い

店舗運営や経営方法がマニュアル化されているため、 独自で工夫できる範囲が限られている。

契約条件を守る必要がある

フランチャイズ契約の際の契約条件を守る必要がある。

ブランドイメージが傷つくと、全体のイメージダウンになる

最近の例で言うと食品偽装で問題になったマクドナルドの企業イメージは失墜、 そのためフランチャイズ店を含むマクドナルド店舗全体の売上低迷が続いています。 このように、加盟している企業ブランドイメージが悪くなると、 自店の売上も悪くなるというデメリットがあります。

本部の経営状態の影響を受ける

本部の経営状態を受け、加盟金を支払ったにも関わらず開業できないというニュースが 流れることがたまにあります。 本部の経営状態を調べておくことも必要です。

加盟金やロイヤリティを支払う義務がある

個人店と違い、フランチャイズ店の場合はブランドロゴや企業イメージを 活用できる代わりに加盟金やロイヤリティを支払うことが必要になってきます。 ロイヤリティの比率など、よく調べて加盟することが必要です。

経営者としての意識が低くなる可能性がある

フランチャイズ店経営が長くなると、 「本部の言うことをきいていればいい」と依存度が高くなり 経営者としての意識が薄れてくる加盟者もいます。 フランチャイズ加盟というのは、成功ノウハウを教えてもらっているに過ぎず、 自分で経営しているという意識が必要です。

メリットもデメリットもよく確認しましょう

上記のフランチャイズ加盟のメリット・デメリットは 一般的なフランチャイズ店の話しであり、実際は加盟するフランチャイズ企業によって 大きく違ってきます。 デメリットもメリットも納得した上で、フランチャイズに加盟しないと のちのち「こんなはずではなかった」というトラブルに繋がることがあります。 加盟前にはよく確認することが必要です。

    関連記事

    今月のイベント

    フランチャイズ見学会

    リコジャパンFacebook

    ページ上部へ戻る