ブログ

フランチャイズとは

フランチャイズ

フランチャイズ(FC)とは、フランチャイズ本部と契約を結ぶことによって
フランチャイズ本部が開発したノウハウ・サービス・商品・ロゴ・ブランド名などを
利用できるシステムのこと。

フランチャイズ加盟者は、一般的に加盟金やロイヤリティ等を支払って
フランチャイズ本部が蓄積してきた「成功するための経営法」を利用できる。
そのため、自身で独立開業するよりも、知名度がある店舗名で運営でき、
本部からの指導も受けられるなど、短期間で効率的に経営ができる等のメリットがある。

フランチャイズは「独立開業マル秘セット」を購入することと同じ

フランチャイズに加盟するということは、
本部が直営店経営の経験を通じて蓄積してきた
各種の成功ノウハウである「独立開業マル秘セット」を購入することと同じである。
本当なら教えたくない成功ノウハウをすべて教えてもらうかわりに
加盟金やロイヤリティを支払う仕組みだと考えると分かりやすい。

フランチャイズに加盟すれば、すぐに本部直営店と同じような店舗で
直営店と同じ商品やサービスをすぐに販売することが可能になる。
一般的には、自分で開業し手探りで経営していくよりも、成功する確率は極めて高いと言われている。

未経験者でも運営できることがフランチャイズの特徴

この「独立開業マル秘セット」には、開業するための研修やサポートの提供の他にも、
店舗の開業準備から商品仕入れ、宣伝の支援、開業後の店舗運営のサポートが含まれている。
このように本部がサポートやアドバイスを的確に行うことで、加盟者が専門的な知識や経験がない
いわゆる未経験者であっても事業の運営ができることがフランチャイズの大きな特徴です。

本部と加盟店はビジネスパートナー

フランチャイズ加盟店と本部は、あくまで対等なビジネスパートナーです。
フランチャイズに加盟したからといって、絶対に成功するという保証はなく、
あくまで成功ノウハウを手に入れたにすぎません。
フランチャイズ加盟者も経営者としての意識を持って、本部のアドバイスに耳を傾けて
努力する必要があります。
また、本部の方も加盟店が成功することにより多店舗化が可能になるため
加盟店の経営がうまくいくようにサポートしていく必要があります。

フランチャイズ店が成功できないということは、
フランチャイズ加盟者だけではなく、本部にとってもブランドに傷がつくことになり、
双方にとって良い結果を生みません。
このことからも、本部と加盟店はどちらが上でも下でもなく、
対等なビジネスパートナーとして信頼関係を構築する必要があります。

    関連記事

    今月のイベント

    フランチャイズ見学会

    リコジャパンFacebook

    ページ上部へ戻る