ブログ

フランチャイズ成功者は、ネットにわざわざ書き込んだりしない

フランチャイズ

フランチャイズ加盟とは、成功ノウハウである「独立開業マル秘セット」を購入することと同じであり、
その分野の全くの素人が自分で独立開業するよりも、
フランチャイズ加盟すると成功する確率が格段に上がります。

成功者は、ネットにわざわざ書き込んだりしない。

しかしながら、インターネットで「フランチャイズ」で検索すると、
「フランチャイズはやめておいたほうがいい」や
フランチャイズの失敗事例など、あまり良くない書き込みが引っかかるのが現状です。

なぜでしょうか?
それは、やはりフランチャイズといえども万能ではなく、100%の成功はあり得ません。
フランチャイズはあくまで成功ノウハウを提供してもらえるだけで、
加盟オーナーの努力や経営手腕が重要だからです。
「本社がなんとかしてくれる」というような他力本願の人は、ほとんどが失敗していきます。

そして、その失敗者がネットに書き込みを行うことで検索に引っかかるのではないかと考えます。
成功者は嫉妬されるような成功体験を、わざわざネットに書き込んだりしないからです。
成功者は、成功体験こそがお金を生み出すノウハウだと理解しているし、
その大切なノウハウは誰にも教えたくない(教えるべきではない)と分かっているからです。

知らないだけで、世の中にはフランチャイズがたくさん。

普通に生活していても、それがフランチャイズ店なのかどうかということはなかなか意識しませんし、
店自体にフランチャイズか直営店かをわざわざ明記しているわけではないため分かりにくいですが、
世の中にはフランチャイズ店がたくさん存在しています。

例を挙げると、セブン-イレブン、ローソン、ファミマ、ミニストップ、デイリーヤマザキ、
マクドナルド、モスバーガー、業務スーパー、コメダ珈琲、吉野家、
ドトール、タリーズ、カレーハウスCoCo壱番屋、びっくりドンキー・・・と
上げればきりがないほど存在しています。

そして、このお店はよく潰れていますか?
そんなことはないですよね。ほとんどのお店が潰れずに頑張っているはずです。
このことからも、フランチャイズ成功者は成功体験を書き込んだりしないという現実を
表しているのではないでしょうか。

※一部には悪徳フランチャイズ本部があるようですのでご注意下さい。

    関連記事

    今月のイベント

    フランチャイズ見学会

    リコジャパンFacebook

    ページ上部へ戻る