ブログ

自分にあったフランチャイズを探そう!業種編

フランチャイズ

フランチャイズといえば、どんな業種を思い浮かべますか?

有名なフランチャイズといえば、コンビニや飲食店でしょうか。
実は知らなかっただけで、いつも行っているお店が実はフランチャイズチェーンということも
よくある話です。
今回は、どういった業種のフランチャイズチェーンがあるのかを
ご紹介したいと思います。

業種別フランチャイズの特徴

コンビニ

誰もが知っているフランチャイズチェーンの代表。
ローソン、セブン-イレブン、ファミリーマート、サークルK、ミニストップ等ほとんどのコンビニで
フランチャイズ展開を行っています。
フランチャイズ契約にはいろんなタイプがあり、選択が可能。
ただし、フランチャイズ契約が10年以上と長いことが多く、違約金なども含めて
もしもの時のチェックが必要。

小売店

最近良く見かけるはんこ屋さんや、カーシェアリングといった新しいフランチャイズがたくさん。
フランチャイズ契約は比較的短いものや、長期のものまで様々。
小売の場合、上手く行かなくなった場合に在庫を抱えるリスクがあることに注意をしたい。

飲食店

ラーメン屋さんから、レストラン、居酒屋まで多数の飲食フランチャイズが存在している。
飲食店のフランチャイズはなんといっても「味」が勝負。
自分が美味しいと思えて、絶対に流行る(皆が美味しいと思える)「味」を持つフランチャイズ本部を
探すことが第一だと思います。

宅配・テイクアウト

有名どころではピザの宅配(ピザーラ等)から、最近では高齢者向けの宅配弁当などがある。
こちらもやはり「味」が勝負の世界。
テイクアウトと違い、宅配の場合はバイク等の初期投資も必要。

塾・習い事

幼児から大学受験生向けまでの塾や習い事は、その中でも授業方式や個別指導まで
スタイルが様々。
他にも主婦などの一般向けの、パソコン教室などもある。
最近の少子化により、子供向けのものはフランチャイズといえども
先生の質やキャラクターによって大きく売上が左右されることは
念頭に置くべきだろう。

介護ビジネス

介護ビジネスは今後も需要が見込まれる業種です。
リハビリや、訪問マッサージ、デイサービス等があるが、
こちらも高齢者の心をつかむスタッフの質が問われる業種である。
また、送迎サービスの車等の初期投資も必要になってくる場合がある。

買取販売

ブランドの買取から、最近では金プラチナの買取フランチャイズが増えている。
在庫を持たなくていい反面、「目利き」の査定技術が必要になってくる。
この査定の判断を誤ると、経営が行き詰る可能性があることに注意したい。

理美容ビジネス

美容院や、マッサージ・エステ・整体等、「美」や「健康」に関するビジネスは
競争が激しいので、リピーターをいかに獲得できるかどうかがポイントになってきます。
ですので、お客様に満足いただける技術の他に、接客が重要。
また、エステなどは肌トラブルなどのクレームの際に
本部がどのように対応してくれるのかをしっかり把握しておきましょう。

修理・クリーニング

修理・クリーニングは、在庫を抱える必要がなく、広い店舗も必要が無いことが大きなメリット。
有名なものでは、水道修理やハウスクリーニングなどは店舗がなくても車1台があれば開業できるものもある。
そのため、比較的開業資金が安めなのが特徴。
ただし、修理やクリーニングの技術的知識や経験がが必要になるので
ある程度の技術センスが必要となることに注意したい。

    関連記事

    今月のイベント

    フランチャイズ見学会

    リコジャパンFacebook

    ページ上部へ戻る