ブログ

女性でも自転車屋ができますか?

自転車屋独立開業のよくある質問

質問:実家が自転車店を営んでおります。
父親が高齢のため、お店を続けることが難しくなってきたと感じております。
私が自転車屋を継ぐことも考えておりますが、父には「女だから」という理由で反対されております。
やはり女性に自転車屋は難しいのでしょうか。

女性に自転車屋ができるかという質問には、
「女性でも出来ます」とお応えしたいと思います。

やはり自転車という重い商品や工具を扱うという仕事ですから、
「自転車屋になりたい(勤めたい)」という女性自体が少ないのが現状です。
しかし、「女性だからできない」というわけではなく、
コツさえ掴めば、女性でも問題のない仕事だと思います。
リコでも女性の自転車屋スタッフがいますが、
性別は関係なく一人で自転車修理はもちろん、すべての運営を行っています。
接客に関して言えば、女性のほうがお客様の受けがいいぐらいですので、
やる気さえあれば性別は関係ないと言えます。

しかし、「自転車」自体にあまり興味がなく「実家の店を潰したくない」という理由で、
自転車屋の運営を考えておられるのなら、難しい部分も出てくるのではないでしょうか?

もし、「店」を潰さないことが目的でいらっしゃるのなら、
リコのフランチャイズに加盟していただき、運営を委託していただく方法もあります。
本部へ自転車屋の運営を委託していただければ、お父様やご本人がお店に立つ必要はなく、
修理技術も必要ありませんので、安心してお店を継続させることが可能です。
是非、一度ご相談下さい。

リコジャパン社長 譽田より 性別は関係ありません!

リコジャパン社長

自転車屋の運営や経営に性別は関係ありません。
本人にやる気があるのなら、むしろ女性のほうを歓迎したいぐらいです。
体力面などで不利な部分もあるかもしれませんが、
接客などに関して言えば、女性からの視点やアドバイスは男性スタッフとは違う目線ですることが可能ですし、
女性のほうがいいというお客さんもたくさんおられますよ。

それに、リコには女性や体格のよくない男性など力のない方でも出来るノウハウがあります。
自転車の持ち上げ方や修理はコツなんです。コツさえつかめば体格は関係ないと思いますよ。

最近はトラック運転者や、建築現場でも女性が活躍する時代です。
自転車屋だから女性は不利ということは絶対ありませんので、
是非チャレンジしてみてください。

    関連記事

    今月のイベント

    フランチャイズ見学会

    リコジャパンFacebook

    ページ上部へ戻る