ブログ

本部からのアドバイスは絶対に聞かないとダメなのですか?

自転車屋独立開業のよくある質問

質問させていただきます。
フランチャイズで経営する場合、担当のスーパーバイザーからアドバイスを受けることができるというのが
メリットだとは思うのですが、すべてのアドバイスを聞き入れないとダメなのでしょうか?

お問合わせありがとうございます。
スーパーバイザーからのアドバイスを聞くか聞かないかは、
経営者としてのご自分の判断になります。

フランチャイズといえども、オーナーは一経営者であり、
その経営に責任を持つのはオーナー自身だということを忘れないで下さい。

スーパーバイザーや本部がその店の経営者ではありません。
あくまで対等な立場として、そのアドバイスを経営に生かすかどうかはオーナー自身が
責任をもって考えるべきなのです。

しかしながら、まちの自転車店[リコ]を展開しております弊社リコジャパンの場合、
小規模の自転車屋を展開している数は55店舗(2016年1月現在)と大阪で一番多い店舗を
展開しております。

ということは、リコのスーパーバイザーは見てきた店舗も多く
オーナー様より経験豊富と言えます。
その豊富な経験上からのアドバイスは、成功率も高く的確なアドバイスだと考えるのが正しいのではないでしょうか。

そして、「なぜリコに加盟するのか?」をもう一度考えていただきたいと思います。
誰のアドバイスも受けずに、自分の意見でお店をやりたいのであれば
リコに加盟する必要はないのではありませんか?

少しでも成功確率を上げて、ビジネスを成功させたいからこそのスーパーバイザーからのアドバイスであり、
そのためのフランチャイズ加盟であるということを忘れないで頂きたいと思います。

    関連記事

    今月のイベント

    フランチャイズ見学会

    リコジャパンFacebook

    ページ上部へ戻る