ブログ

【井高野店】自転車屋で独立開業した先輩たち

まちの自転車店[リコ]井高野店

リコジャパンのフランチャイズ加盟店として、独立開業した先輩オーナー達の生の声をお届けする
「独立開業した先輩たち」シリーズ。

今回はリコでも珍しい自転車屋と役者の二足のわらじを履いておられる井高野店の三浦オーナーをご紹介します。
三浦オーナーは京都で主に時代劇役者として活躍されながら、
役者のお仕事が無い日には自転車屋の店主として店に立つ、兼業役者のオーナーです。

また、サムライを広める活動の一環として
毎月31日には侍が自転車の空気を無料で入れてくれる「サムライデー」を開催したり、
井高野の商店街や地元の老人ホームなどのイベントに出向き
チャンバラ(侍)をお披露目する活動を行っておられます。

なぜ役者をしながら自転車屋をやることになったのか等、
面白いお話を伺いましたので、是非読んだ後はサムライデーに行ってみてくださいね!
まちの自転車店[リコ]井高野店

サムライを広める一環として自転車屋として独立

役者をやりながら、リコで自転車屋さんをやろうと思ったきっかけは?

もう20年ぐらい役者を続けていますが、役者をやりながら京都の観光事業でサムライを広める活動もやってきました。
でもなかなか資金を出してくれるスポンサーが見つからなくなったことと
もっと地域密着型で「侍」を広める活動をやりたいという思いがあったので、
リコで自転車屋をやりながら資金を自分で作って、自分の店で「侍」を広める活動ができたらと思ったのがきっかけです。

もともと劇団を運営していることもあって小道具などを手作りする機会も多く、
自転車をいじるのが好きだったので、自転車屋なら大丈夫だと思いました。

リコ以外のフランチャイズとの兼業は考えませんでしたか?

リコジャパンの譽田社長に「役者と兼業で自転車屋をやりたい」と話した時に、
「それは面白いですね!」と言ってくれたんです。
なので、リコジャパンなら安心して役者と自転車屋の兼業が実現できると思いました。
他のフランチャイズだと、役者をやめて店の経営に集中して欲しいと言われてるんじゃないでしょうか。(笑

役者の仕事のある日は自転車屋はどうしているのですか?

相棒の鎌田さんに店を任せています。
彼も元役者だったので兼業で役者をやっていることにも理解がありますし、
協力してもらいながら兼業を続けています。
(鎌田さんにもお会いしたかった・・・。今度ぜひ。)

サムライ文化を広めるために!毎月31日は井高野店サムライデー開催!!

まちの自転車店[リコ]井高野店

侍が無料で自転車の空気を入れてくれる「サムライデー」

井高野店独自で工夫していることは?

「侍」を広める活動の一環として、毎月31日は「サムライデー」をやっています。
侍が無料で自転車の空気を入れるというお店のイベントです。
普通の人はサムライに会う機会もないので、こういう所から地道に広めていこうと思っています。
おかげさまで井高野店は3年目ですが、地元の人達には結構認知してもらえるようになりました。
地元の商店街や老人ホームからもお声をかけていただき、色んな所でイベントをやったりしています。
老人ホームでは定期的に月に1度開催したりして、喜んでいただいています。

また、僕自身が役者と兼業であることも知っていただけているので、
僕も相方も店に出られない時は、「撮影のため遅れます」と店に表示しても皆さん暖かく待っていてくれます。
本当に有難いことですし、店が地元に根付いてきたな・・と感じています。

これからどんなお店にしていきたいですか?

サムライ文化を広めるためにも、井高野店独自でサムライ・カスタマイズ自転車を販売できたらいいですね。
「ユキムラ」「ニンジャ」などをイメージした自転車などなど。
あとはサムライヘルメットとか。(笑
(それはかなりインパクトのあるヘルメットですね。井高野店の未来が楽しみです。)

フランチャイズ加盟で「自転車屋」に集中できる

まちの自転車屋としての喜びは?

お客さんや地域に必要とされていることですね。
家族全員でうちの店に来てくれたり、「ここだから買う」と言ってくれる人がいてくれることが
本当に嬉しいです。

近所の子供達もよく遊びに来てくれて、開業当時の子たちはもう中学生になってしまいましたが、
今はその弟や妹世代が来てくれます。
子どもたちとの成長とともに、この店も地域に溶け込んできたなと感じています。

あとは、「この前テレビ見たよ!」と言ってドラマを見たことをお店に報告しに来てくれる人がいて、
「気にかけてくれてるんだな」と嬉しくなりますね。

まちの自転車店[リコ]井高野店

地元の子供達も一緒に接客(?)地域に愛されていることを感じられるお店です。

 

接客業で苦労もあるのでは?

想定される質問をセリフに起こしてドラマの練習だと思って
接客の練習をしたりしています。
お客さんに分かりやすく説明できれば納得してもらえるので、
こちらの知識を豊富にしておくことも必要だと思っています。

リコのフランチャイズには「自由」がある

リコに加盟してのメリットを教えて下さい。

フランチャイズだけど「自由にやらせてもらえる」ことですね。
僕のような役者をやりながら店を持つということも面白がってもらえる懐の深さがあります。
「サムライデー」などのイベントも自由にやらせてもらえて、
活動資金を捻出するということと、侍を広めるという活動の両方をこの店で実現することが出来ました。

もちろん、フランチャイズといえども自分で独立開業するわけですから、売上が低いと自己責任です。
でもそれは、頑張れば自分の利益もあげられるということですし、
自分で創意工夫できるリコの「自由さ」は最大のメリットだと感じています。

あとはフランチャイズ店同士横のつながりができることですね。
役者の仕事は予想外に早く終わったりすることもあるので、
そんな時は他のフランチャイズ店に顔を出して情報交換や店作りを参考にしたりしています。
特に撮影は京都でやることが多いので、円町店にはよく顔を出しますよ。

リコに加盟してのデメリットや不満はありますか?

宣伝や広報にもっと力を入れて欲しいですね。
フランチャイズ募集サイトだけではなく、一般向けホームページも作って欲しいです。
(うぅ。耳が痛い。現在一般向けサイト立ち上げに向かって準備中ですので、お待ちくだされ!殿!)
まちの自転車店[リコ]井高野店

これから独立開業する人へのメッセージ

これからリコでお店を出そうと思っている人へのアドバイスやメッセージをお願いします

情熱があればできます!
情熱があれば、研修で学んだこと以上のことを考えたりしてスキルを高めていけるはずです。
お金儲けをしたいなら、知識をどんどん高めて努力していくことが必要だと僕は思っています。
リコに加盟すれば、面倒な出店場所探しや店舗の立ち上げ等はリコジャパンが代わりにやってくれて
簡単にお店を持たせてもらえます。
でも、その簡単にお店を持たせてもらって楽している分は、
お客さんに喜んでもらえる接客や修理技術の向上に使うべきだと思います。

特に研修中は、他のフランチャイズ店もいろいろ見て回って欲しいですね。
色々なお店を見て回ることで真似したいことや、見習いたいこと(逆もありますが)が分かり、
自分のお店づくりに生かせるはずです。

とにかく情熱を持って、地域に愛される自転車屋が何かを追求して下さい。
まちの自転車店[リコ]井高野店

【三浦オーナー出演の放送予定】

・eo光のCM 光奉行「井戸端」編(現在放送中)
・土曜ワイド劇場 「京都身元さがし捜査官」 近藤役(老婆が探す息子) 放送日未定
・1月 大岡越前パート3

eo光 光奉行 「井戸端」篇

唐沢さんの後ろにいるのが三浦オーナー

井高野店データ
住所 〒533-0001 大阪市東淀川区井高野2-2-19-101
TEL 06-4862-8228

    関連記事

    今月のイベント

    フランチャイズ見学会

    リコジャパンFacebook

    ページ上部へ戻る