ブログ

【堺筋本町店】自転車屋で独立開業した先輩たち

まちの自転車店[リコ]堺筋本町店

リコジャパンのフランチャイズ加盟店として、独立開業した先輩オーナー達の生の声をお届けする
「独立開業した先輩たち」シリーズです。
独立開業を考えている方へ少しでも参考になればと思います。

今回は、ビジネス街にあります堺筋本町店の塘(とも)オーナーです。

堺筋本町駅からすぐのお店で、ビジネス街に面していることもあり
お仕事で自転車を使っているお客様が多いお店ですが、
お客さんと雑談したりと昔ながらの自転車店の温かみも感じられるお店です。

結婚を機に、大好きな自転車を扱う仕事に!

リコで自転車屋さんをやろうと思ったきっかけは?

学生時代はアメリカに留学していて、自転車で北米横断にチャレンジしたり、
もともと自転車が大好きでした。
その後、日本に帰って関東で工場勤務をしていましたが、
ただ漠然と働いているだけで、やり甲斐とか意義を感じることがありませんでした。
でも、結婚することを機に「家族をどうやって幸せにするのか」を真剣に考えるようになったんです。
そんなことから、奥さんの実家に近い関西に引っ越し、自分の好きなことを仕事にして食べていこうと
決心したのが、リコで自転車屋をやろうと思ったきっかけです。
まちの自転車店[リコ]堺筋本町店

まちの自転車屋の存在意義共感。誰でも入りやすい自転車経営が夢に!

リコ加盟までに不安などはありましたか?

結婚資金も貯めていたし、日本政策金融公庫の借入もできるとのことだったので
資金での不安はなかったのですが、「リコで店を出して、僕がやっていけるのか」という漠然とした不安は
ありましたね。

そういう不安は、どう解消したのですか?

譽田社長・・、まだその時は社長ではなかったのですが、譽田さんがすごくいい人だったので、
「まあ、この人がいる会社なら大丈夫」だろうと。(笑

譽田さんは「昔ながらの自転車屋のイメージを変えたい」って本当に熱い人だったんです。
入りづらかったり、居るのか居ないのか分からないような自転車屋が本当に多かったので、
誰でも入りやすくて地域に根ざしたお店を増やしたい!っていう彼の夢に惹かれました。
僕も、そういうお店を作りたいって。
そのために、頑張るぞって。

大好きな自転車を扱う仕事という以外に、仕事としてのやり甲斐や、店の存在意義があることで
漠然とした不安がなくなり、逆に「やってやるぞ!」っていうやる気が出てきましたね。

(塘オーナーも、社長と同じぐらい熱いですよ・・・。)
まちの自転車店[リコ]堺筋本町店

店も自分も成長するために、日々勉強しています!

リコでの研修はいかがでしたか?

いきなり店舗で実践的な研修に入ったのには正直ビックリしました。
机の上で授業的な研修があるのかと思ってたので。
でも、3ヶ月後には一人でお店を持たなければいけないことを考えると、
あの実践を伴う経験はとても良いものだと思います。

技術的なことの基本は研修で十分ですが、やはり今でも修理で分からないことはあります。
特に海外製は見たこともないような作りの自転車もあったりするので、
そんな自転車を持ってこられると、「断りたいな・・・」と思うこともあります。
でも、それでは自分の技術向上にならないので、意を決して預かって挑戦しています。
そうしていかないと、自分の引出しが広がらないし、客層も広がらないですから。

リコに加盟した、メリットは何ですか?

やっぱり困ったときに助けてもらえることです。
さっきお話したような難しい自転車の修理の時は、他店のオーナーさんや
アドバイザーの佐々木さんに聞いて、助けてもらっています。
FC会議もそうですが、リコ加盟オーナー同士で飲みに行って
「自転車屋あるある」の話で一緒に盛り上がれるということは
個人店ではできないことですし、楽しいですね。

あとは、小さな個人店では数が少なすぎて入れらないような自転車も
本社から仕入れできるから、大きなメリットだと思いますよ。

では、リコに加盟しての不満はありませんか?

全く無いです!譽田社長を信頼してますので。
(宣伝のような模範解答恐縮です・・。笑)

「頼られるお店」になるために、修理に力を入れている

これから、堺筋本町店をどんなお店にしていきたいですか?

「頼られるお店」にしていきたいですね。まちの自転車店[リコ]堺筋本町店
四條畷店のようになりたいと思っています。
(前回ご紹介した四條畷店の吉山オーナーの記事は、こちら

では、「頼られるお店」になるために心がけていることは?

空気入れだけのお客さんでも、必ず一言二言声をかけるようにしています。

あとは、他の店で断られたような自転車の修理も、受けるようにしています。
古い自転車だと他店では買い替えを進められるみたいですが、
僕は自転車はできるだけ買い換えずに長く乗って欲しいと思っているので、
難しい修理であっても、古くても修理をメインに受けるようにしています。
そうすることで、お客さんからすごく感謝されるし、
お客さんから感謝されることで、僕自身も自転車屋をやっててよかったと思えます。

これから独立開業する人へのメッセージ

これからリコでお店を出そうと思っている人へのアドバイスやメッセージをお願いします

「どうして自転車屋をやろうと思ったのか」その理由があればやり抜ける・・・と
いうことでしょうか。
僕は自転車が好きで、まちの自転車屋が必要だと信じてます。
だからこそ頑張れる。
そして、頑張っていれば技術的なこともついてくるし、
お客様だってついてきてくれると感じています。

なので、初心を忘れず、がむしゃらに頑張れということでしょうか。

(どこまでも熱い塘オーナー。熱い心と丁寧な接客が、このビジネス街でも
「まちの自転車店」として、お客様に愛される理由ですね!)

堺筋本町店データ
住所 〒541-0054 大阪市中央区南本町2丁目1-1
TEL 06-6268-5559

    関連記事

    今月のイベント

    フランチャイズ見学会

    リコジャパンFacebook

    ページ上部へ戻る