ブログ

将来自転車屋になりたいのですが、何が必要ですか?

自転車屋独立開業のよくある質問

質問:現在高校生です。
将来、自転車屋になりたいと考えています。
大学は行ったほうがいいですか?
また、これから必要になる知識、資格など教えてください。

答え:自転車屋になるに学歴はあまり関係はありませんが、
大学に行くことを考えているのならば、
経営に関することを学ばれたほうがいいかもしれません。
自転車屋といえども、一経営者です。
どのような商品を揃えるか、どのようなやり方で店の認知度を図るかなど
マーケティングの知識や考え方が大切になってきます。

また、自転車屋というと修理技術などで工学系をお考えになるかもしれませんが、
自転車屋をやるのには、あまり工学的な知識は必要ありません。
どちらかというと、手先の器用さのほうが求められるかもしれません。

そして、一番大切なのはお客様とのコミュニケーションの取り方です。
「また来たい」と思ってもらえるお店づくりには、お客様との良好なコミュニケーションを
築けるかがとても大切なのです。

そのためには、学生生活の中でもいろいろな世代の人と円滑にコミュニケーションをとる活動や、
接客アルバイトを経験しておくことも将来のためになると思います。

リコジャパン社長 誉田より自転車屋になるためのアドバイス

リコジャパン社長

若いうちから目標を明確に持っていること、素晴らしいと思います。
しかも、「自転車屋をやりたい」と言ってくれる若い人がいることがとても嬉しいです。

リコジャパンではフランチャイズ店を出す前の研修として3ヶ月という期間をとっています。
ということは、店を出せるぐらいの修理技術や接客技術等はそれぐらいの期間があれば
十分だということです。

しかし、実際に店を出してみると、同じフランチャイズ研修を受けたにも関わらず人によって売上に差が出てきます。
その差は何か。
やはり、お客様に感謝してもらえるような接客ができているかだと思います。
お客様に感謝してもらえるような接客ができていれば、
お客様は自然に店の宣伝をクチコミという形で行ってくれるのです。
それが、次のお客さんを呼んでくれることになり、売上に差が出てくるのです。

もし、学生時代に自転車屋になるために何をすべきかと聞かれたら、
色々な接客アルバイトをすることも大切ですが、周りの人間関係を大切にする努力、
人見知りせずにいろいろな人とコミュニケーションをとる経験を積んで下さいと言いたいですね。

    関連記事

    今月のイベント

    フランチャイズ見学会

    リコジャパンFacebook

    ページ上部へ戻る