好きを仕事にするという生き方

sukiwoshigotoni3
自転車が好き。“好き”を一生の仕事にする生き方がある。

自転車が好き。
好きなものに囲まれて仕事をしたい。
そんな決断から、リコで自転車屋を開業した先輩がいます。

そんな好きを仕事にした人から共通して聞くのが
「好きなモノを仕事にしているから、大変な時期も頑張れる」ということ。

自転車屋の独立開業は決して楽ではありません。
大変な時期も必ずやってきます。
でもそれは、どの仕事でも同じこと。
でも、あなたの中に“好き”があれば、その仕事で輝けるはずです。

学生時代は自転車で北米横断!好きなことで家族を養える幸せ

好きを仕事にする!自転車屋

堺筋本町店 塘オーナー

アメリカ留学時には、自転車で北米横断にチャレンジしたりと
もともと自転車が大好きだった塘オーナー。
帰国後は工場で勤務していたといいます。
でも、漠然と働き続ける中で「このままでいいのか?」と自問自答を続けたといいます。
自分が幸せになる仕事を見つけなければ、家族を幸せに出来るはずがないと
「自分の好きなことを仕事にしよう!」とリコで独立開業されました。

塘オーナーがリコで独立開業した理由とメリット

・困ったときに助けてもらえる!(本社のスーパーバイザーやFC会議など、悩みを聞いてもらえる環境)
・オーナー同士で悩みを共有できる
・実践的な研修でお店を持つ自信がついた

→塘オーナーの詳しい記事はコチラ

弱虫ペダルがきっかけで自転車好きに。自分の好きなことを仕事にしたい!

好きを仕事にする!自転車屋美章園店 今西オーナー

「弱虫ペダル」というマンガにハマりロードバイクを乗り始めたという今西オーナー。
当時勤めていたのは配送業。
トラックを運転しながら「自分のやりたい仕事ではない」と不満を持ちながら
仕事を続けていたといいます。
漠然と「好きな自転車で仕事をしたい」とネット検索に引っかかってきたのが
リコのフランチャイズ募集サイト。
リコでなら未経験からでも、大好きな自転車の仕事をできるようになると
20代で自転車屋の独立開業を決心されました。

今西オーナーがリコで独立開業した理由とメリット

・全くの素人、未経験からでも研修をうければ、自転車屋として独立できる
・資金の借り方、店探し、店舗の改装まですべてをリコがサポートしてくれる
・本社や他のオーナーさんからアドバイスがもらえる

→今西オーナーの詳しい記事はコチラ

ページ上部へ戻る